むちうち 整形外科

むち打ち治療

むち打ちとは頚椎(頚部)捻挫の事です。

・受傷初期、炎症期がとても重要になります。

症状により患部の固定、プロスポーツ選手が使用する最新機器にて早期に炎症を除去します。炎症が引いてくると筋肉のスパズム(持続性筋緊張)が出現してきます。炎症期が長引くと筋緊張がさらに強く出現しますので、早めに専門院へ!

・亜急性期〜回復期

当院では全身の調整をしながら患部の早期回復を目指します。
骨盤はもちろん腰椎〜頚椎〜後頭骨までの関節をブロック、手技にて無痛調節していきます。手足の打撲、捻挫でも体の歪みが発生し回復が遅れますので、体のバランスを重要です。なかなか改善しないシビレ、めまい、頭痛、だるさ、不眠などの愁訴も事故により微妙に歪んだ骨盤、背骨が原因の場合が多いです。運動選手、筋力の強い方、体の軸の強い方は治りが早いですが、一般の患者さんはそうは行きません。プロの選手でも手足の怪我ののちパフォーマンスが落ち引退する選手がたくさんいます。ムチ打ち以前の年齢的変化、個人の筋力、及び年齢など様々な条件が治癒するまでの時間を左右して行きます。患者さんの痛みを理解し、一緒に考え診療することが重要だと考えます。

整形外科で治らないむちうちは、小豆沢・赤羽・志村坂上駅のはなみずき整骨院にお任せください。

むちうちとは、交通事故やスポーツなどによって身体へ強い衝撃を受けた際に、首が前方へ投げ出されることで首や肩が痛みだす症状です。首の動きがむちを打つ様子に似ていることからむちうちと呼ばれていますが、正式には「頸椎捻挫」や「頸椎挫傷」などという診断名がつきます。整形外科でも治せないことがあるむちうちをしっかりと治したい方はぜひ、小豆沢・赤羽・志村坂上駅のはなみずき整骨院までお越しください。

むちうちは、きちんと治さないと後遺症が残ってしまう場合もある症状です。筋肉が損傷しているだけではなく、骨格や頸椎にズレやゆがみを生じて痛みやしびれが起こっている場合には、そこを元の位置に戻さない限り症状がなくならないのです。整形外科では、骨格のゆがみやズレを解消することができません。より根本的治療をご希望の方は一度、小豆沢・赤羽・志村坂上駅のはなみずき整骨院にいらしてみてください。

当院長である私は、整形外科で10年間実務経験を積んでまいりました。その経験を生かして、患者様のむちうちの症状に合わせた的確な治療を行っていきます。どこがずれているのか・ゆがんでいるのかを正しく判断し、患部の症状が着実に解消されるよう施術を重ねていきますので、患者様ご自身に症状が消えていく手ごたえを感じて頂けると思います。小豆沢・赤羽・志村坂上駅のはなみずき整骨院へ、いつでも気軽にご来院ください。

当院へのアクセス情報

はなみずき整骨院

所在地〒174-0051 東京都板橋区小豆沢2-26-18マンション岩上B号
駐車場なし
電話番号03-5970-1186
休診日 土曜日午後、日曜日、祝日(不定休)
予約

交通事故電話予約優先性

院長高橋 克敏