Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛、ヘルニア、狭窄症

腰痛、ヘルニア、狭窄症

2021.07.10 | Category: 未分類

こんにちは!千葉市美浜区打瀬、海浜幕張、稲毛、検見川地域で酷い腰痛を専門に施術していますGAKUスポーツ整体院の高橋です。

腰痛に悩むあなただけ読んでください。

いつ再発するか分からない、あの激痛

腰痛に対する、あなたに知らされていない危険な症状や

注射、リハビリ、接骨院、針、マッサージ、ストレッチなど・・・どれも

効果のなかったあなただけへの特別なブログです。

 

 

まず色々な腰痛があるのですが

下記の症状があるとかなり慎重になる必要があります。

それは

・膀胱直腸障害

・運動麻痺、感覚鈍磨が出現してきた

・しびれの増悪

これらはすべて神経が強く圧迫を受けている、

または損傷しているときの症状ですので、

なるべく早く脊椎専門の整形外科で診てもらった方が良いでしょう。

特に膀胱直腸障害は命にも関係しますので、緊急性があります。

逆にこれらの症状がなければ早めに的確な施術を受けて下さい!

 

本題ですが椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄症に対して、どんな施術をしていくのかについてです。

なぜ、

椎間板ヘルニアは椎間板の中のゲル状の物が飛び出してしまうのでしょうか?

なぜ、

そもそも脊柱管狭窄症は椎体部に骨にとげができてしまうのでしょうか?

本当にヘルニアやトゲによって痛みが出ているのでしょうか??

色んな考えが施術現場でありますが私の施術の考えはいたってシンプルです。

椎間板が出てしまうのも、椎骨にトゲができてしまうのも、

腰椎への物理的なストレスが原因です。

腰骨に負担がかかっているからです。

腰骨に負担がかかる一番の理由は、

深層の筋(インナーマッスル)が弱くて、腰骨を支えていられないからです。

要は、

“腰椎を支えている筋がしっかり働いていれば負担はかからない”

ので、

ヘルニアも出ないですし、再発も防げますし、トゲもできなくなるのです。

腰椎を支えているのは

・腸腰筋

・多裂筋、腹横筋

です。これらが働いていれば、たいていの腰痛はすぐに改善していきます。

ヘルニアと診断されていても、運動療法をすることでその場で痛みやしびれが改善するケースがほとんどです。

つまり、本当はヘルニアが痛みやしびれの原因でないことがほとんどです(笑)

実際に、画像所見と症状が一致しないことはよく起きます。

脊椎専門の整形外科を受診するとキチンと説明されますが

不幸なことに脊椎専門の先生は少ないです。

どの様な診断でも

腰椎に負担をかけていることが原因なので、

腸腰筋と多裂筋、腹横筋の促通でほとんどが改善してしまうのです。

 

私が腰痛を施術するときに、腸腰筋、多裂筋・腹横筋のほかにするとすれば、


隣接関節の膝と肩甲帯くらいですが、


ほぼ100%に近いくらい痛みは改善します^_^

ぜひ、いろんな診断がついていてもあきらめないで下さい!!!

必ず改善していきますから!

ご相談窓口はGAKU公式LINEからどうぞ

GAKU整体院  高橋克敏

当院へのアクセス情報

GAKUスポーツ整体院

所在地〒261-0013 千葉県千葉市美浜区打瀬2-9 パティオス16番街2区画
駐車場なし(路上駐車可能な地区です)
電話番号043-375-6790
休診日 日曜日
定休日 不定休
予約

完全予約制
交通事故患者様随時予約可

院長 高橋 克敏