ホーム > Blog記事一覧 > 2021 7月の記事一覧

腰痛専門整体

2021.07.24 | Category: 未分類

皆様こんにちは。

美浜区打瀬、海浜幕張、稲毛地域に腰痛専門整体があるのをご存知ですか?

 

当院で取り入れている技術は実績が十分にあります。

メディアで取り上げられている技術          世界40ヵ国の臨床現場で使用されている技術

 

 

国家資格や免許各種

臨床歴30年の経験で皆様の治らない腰痛にアプローチして行きます。


いつまでも治らない腰痛で

こんな人はいないですか?

 

・病院でヘルニアと診断されお尻からもも裏、ふくらはぎ裏にちぎれそうな激痛やシビレがある。

・痛み止めの注射や薬を試すも一向に治らない。病院の対応が事務的で自分の悩みをわかってくれない。

・今まですぐに治っていた腰痛が今回は治らないし、痛みが今までより強くて不安だ。

 

 

どこよりも質が良く効果のある治療をご存じですか?

 

お悩みの方は是非ご相談下さい。

GAKU公式ラインでは24時間ご相談を受け付けております。

       友だち追加👈すぐに相談する。

GAKUスポーツ整体院では症状の説明に納得され、きちんと計画的にリハビリを受ける患者さんが多いために治療の効果も上がっております。

あなたの腰痛のお悩みをお聞かせ下さい。

                            GAKUスポーツ整体院 高橋 克敏

 

膝の痛み

2021.07.19 | Category: 未分類

膝の痛み

警告!悩んでいる膝痛を今すぐ本気で改善したいあなたへ。

整形外科、接骨院、整体、マッサージや薬では治らないと感じていませんか?

こんにちは。美浜区打瀬、稲毛、海浜幕張 地域で膝痛を専門に治療しておりますGAKU整体院の高橋 克敏

です。

・リハビリをまじめにやっているが痛みが取れない!

軟骨がすり減ったから痛みが出ている!

・椅子から立ち上がるのが痛い!

・階段の上り下りに膝がズキッとなり顔をしかめてしまう!

・注射を10回以上打ったがまだ痛い!

・水が溜まり、その都度抜いている

取れない!


もしあなたがこの様な状況でお困りであれば、私はあなたのお力になれるはずです。

 

 当院はどこに行っても何をしても治らない膝痛で苦しんでいる患者様が多数ご来院してきております。

なぜ?当院が選ばれるのか??

それは関節のネジレに注目しているからです!
 

ー当院で使用している技術は

         メディアで注目を浴びています!ー
 


 

この療法は関節を安定させる筋肉を動かしていく療法です。

痛みが出ると人間の体は 痛い関節をかばうために より神経線維の量が多い大きな筋肉を使い 関節をサポートします。

炎症期は誰でも起こる反応です。

これが長期間続くと関節の圧力を引き締め安定させる筋肉がサボりだします!

それが脳に記憶され関節を支える筋肉が働かなくなり、負の連鎖が始まります。

 

ーこんな方見たことないですか?ー

・膝が曲がっているのに痛まない人

・腰が曲がっているのに痛まない人

逆に

・膝が曲がっていないのに痛い人

・腰が曲がっていないのに痛い人

この様に曲がっていても痛まない人は関節を守る筋肉がキチンと働いて、関節圧力を上げ重心が安定しているのです。
 

この療法は一般的なリハビリとは全くと言っていいほどやり方が違います。

関節の安定性が出るので回復が早く、自身で覚えて頂ければドンドン回復します。

お困りの方は美浜区打瀬・稲毛・海浜幕張地域のGAKU整体院までご相談してください!

公式ラインでは24時間相談窓口になっております。

      友だち追加 タッチして友達追加する

                          

                         GAKUスポーツ院 高橋克敏

 

脊柱管狭窄症へのセルフケア

2021.07.13 | Category: 未分類

 

こんにちは!

千葉市美浜区打瀬打瀬、稲毛、幕張、検見川地域で腰痛専門整体をしておりますGAKU整体院の高橋克敏です。

脊柱菅狭窄症のあなたへ?

どんなセルフケアを指導されましたか?

リハビリの現場では・腹式呼吸による腹横筋の促通・ペルビックティルト(骨盤の前後傾の体操)・四つ這いでの体幹トレーニング

など行われることが多いですが、ご高齢の方では難しく負荷が高くてできないケースが多いです。

 

なので、最近は『負荷の弱い運動』を教えることがほとんどです。

もしよよしければこちらの動画をぜひご自身でできる範囲でやってみて下さい!(決して無理はしないでくださいね)

https://youtu.be/waMtRJnrVJw

この動画は私がトレーナーをしてますJTA療法と言う療法で、実際に治療現場でも使用している療法のセルフ動画です。

これだけでも続けてもらえれば症状が改善します!!

治る患者様は行動しています!諦めないでください。

 

ご相談なども公式ラインで24時間受け付けております。

友だち追加  

GAKU整体院 高橋克敏

腰痛、ヘルニア、狭窄症

2021.07.10 | Category: 未分類

こんにちは!千葉市美浜区打瀬、海浜幕張、稲毛、検見川地域で酷い腰痛を専門に施術していますGAKUスポーツ整体院の高橋です。

腰痛に悩むあなただけ読んでください。

いつ再発するか分からない、あの激痛

腰痛に対する、あなたに知らされていない危険な症状や

注射、リハビリ、接骨院、針、マッサージ、ストレッチなど・・・どれも

効果のなかったあなただけへの特別なブログです。

 

 

まず色々な腰痛があるのですが

下記の症状があるとかなり慎重になる必要があります。

それは

・膀胱直腸障害

・運動麻痺、感覚鈍磨が出現してきた

・しびれの増悪

これらはすべて神経が強く圧迫を受けている、

または損傷しているときの症状ですので、

なるべく早く脊椎専門の整形外科で診てもらった方が良いでしょう。

特に膀胱直腸障害は命にも関係しますので、緊急性があります。

逆にこれらの症状がなければ早めに的確な施術を受けて下さい!

 

本題ですが椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄症に対して、どんな施術をしていくのかについてです。

なぜ、

椎間板ヘルニアは椎間板の中のゲル状の物が飛び出してしまうのでしょうか?

なぜ、

そもそも脊柱管狭窄症は椎体部に骨にとげができてしまうのでしょうか?

本当にヘルニアやトゲによって痛みが出ているのでしょうか??

色んな考えが施術現場でありますが私の施術の考えはいたってシンプルです。

椎間板が出てしまうのも、椎骨にトゲができてしまうのも、

腰椎への物理的なストレスが原因です。

腰骨に負担がかかっているからです。

腰骨に負担がかかる一番の理由は、

深層の筋(インナーマッスル)が弱くて、腰骨を支えていられないからです。

要は、

“腰椎を支えている筋がしっかり働いていれば負担はかからない”

ので、

ヘルニアも出ないですし、再発も防げますし、トゲもできなくなるのです。

腰椎を支えているのは

・腸腰筋

・多裂筋、腹横筋

です。これらが働いていれば、たいていの腰痛はすぐに改善していきます。

ヘルニアと診断されていても、運動療法をすることでその場で痛みやしびれが改善するケースがほとんどです。

つまり、本当はヘルニアが痛みやしびれの原因でないことがほとんどです(笑)

実際に、画像所見と症状が一致しないことはよく起きます。

脊椎専門の整形外科を受診するとキチンと説明されますが

不幸なことに脊椎専門の先生は少ないです。

どの様な診断でも

腰椎に負担をかけていることが原因なので、

腸腰筋と多裂筋、腹横筋の促通でほとんどが改善してしまうのです。

 

私が腰痛を施術するときに、腸腰筋、多裂筋・腹横筋のほかにするとすれば、


隣接関節の膝と肩甲帯くらいですが、


ほぼ100%に近いくらい痛みは改善します^_^

ぜひ、いろんな診断がついていてもあきらめないで下さい!!!

必ず改善していきますから!

ご相談窓口はGAKU公式LINEからどうぞ

GAKU整体院  高橋克敏

足関節捻挫の早期回復

2021.07.09 | Category: 未分類

 

こんにちは!

千葉市美浜区打瀬、海浜幕張、稲毛、検見川地域の

GAKUスポーツ整体院高橋克敏です。

スポーツの現場で頻繁に起こるのが”足首のねん挫”です。

足関節捻挫は重症度によって3段階の分類があります。

グレード1(軽度):


痛みや圧痛が比較的軽度であり、靭帯の一部が伸びる程度。


グレード2(中等度):


圧痛や腫脹が強い。靭帯の部分断裂であり歩行は可能ですが、走るのは困難。装具やテーピングによる固定が必要で関節に不安定性が見られる。


グレード3(重度):

痛み、腫脹、内出血が強く、歩行困難。前距腓骨靭帯の完全断裂と判断され、手術により断裂した靭帯を縫合する必要あり。

という感じで、シンプルに言えば

靭帯が伸びた程度は軽度であり、靭帯が部分断裂もしくは完全断裂だと腫れもひどく、歩行にも支障が出るということです。

もし不幸にも捻挫をしてしまったら

ある程度足を冷やし…

早期回復には『痛くても運動療法』を行います。

通常ですと「え!?こんな状態でもするんですか?」と

言われますので、周りからは驚きの目で見られます。

アイシングしても痛みが強ければ跛行(はこう)といって、びっこを引いた歩き方になりこの状態のまま歩かせていると腫れは引きにくくなります。

なぜ跛行になるかというと、かかとに体重を載せた時に損傷部にストレスが加わり痛みが出るからです。

でも運動療法によってなるべく靭帯へのストレスを減らし『正常歩行に近づけることは可能』です。

いつもお伝えしていますが、後脛骨筋と腓骨筋、足内在筋がしっかりと働くと足は地面に対して真っすぐ着くことができます。

足を真っすぐ着くことができれば靭帯へのストレスは減り、跛行は出なくなります。

ということで、
「足関節捻挫でもその場で施術したほうが良いですか?」

というご質問を頂いたときはいつも
「骨折している以外は必ず施術してください!」
と答えます。

という感じで、しっかりと成果を出せれば選手の競技復帰も早いですし信頼に繋がります。

ぜひスポーツ選手を施術する方は参考にしていただけたらと思います!

 

GAKU公式LINEご相談窓口

 

高橋克敏

当院へのアクセス情報

GAKUスポーツ整体院

所在地〒261-0013 千葉県千葉市美浜区打瀬2-9 パティオス16番街2区画
駐車場なし(路上駐車可能な地区です)
電話番号043-375-6790
休診日 日曜日
定休日 不定休
予約

完全予約制
交通事故患者様随時予約可

院長 高橋 克敏